2012年6月6日水曜日

古材のリメイク 座卓 3


生まれ変わりました。



天板の厚みは20mmをキープすることができて一安心。

昔の蟻桟の痕は敢えて残しておきました。趣があっていいかなと。
古材や古い家具の加工の痕から前に作った人のやりかた、使った道具、その人の癖や性格にまで思いを馳せるのも一つの楽しみであります。

天板を微妙にラウンドさせてお洒落してみました。





一枚板ならではのこの綺麗な木目。素敵です。

お客様の亡くなったお父さんとの思い出、形にできました。
あとは納品して喜んでいただければ最高です。