2012年12月20日木曜日

桐箪笥のリメイク

「捨てる予定の古い桐ダンスがあるのですがキレイになりますか?」
とのご依頼でした。



こういうの、なぜかテンションがあがります。




打ち合わせの結果、新品のように真っ白に直さなくてもきれいになればokということで
漂白や削り直しなどはせずに
汚れを落とし、引出しの調整、修理、塗装はオイル仕上げにしました。
下段にはキャスターを付けます。 


最初は下段のみの予定でしたが余った引出しがもったいないということで
小引出しに作りかえる追加注文もいただきました。



一度解体してあっちの部材をこっちにもってきたり
金具をこっちに付けかえたり


この天板は扉でした。

新品のように直すのもいいですが、その分お値段も張ってしまいます。

長年使われて出た色や小さなキズはそのままに、
日常に使えるように直すのもオススメです。